合同会社ボディコンサルティング

Facebookはこちら

関連リンク先

札幌ボディファクトリー 合同会社ベストパフォーマンス JYS

アクセスマップ

くびれ・骨盤ゆがみ改善トレーニング☆part1

【くびれ・骨盤ゆがみ改善トレーニング☆】
こんにちは!SBFの冨士原です。
「くびれを作りたい」「骨盤のゆがみを改善したい」というのが今回のご依頼でした。
くびれを作るということに関してアプローチの仕方はいくつかありますが(骨盤の改善は次回!)、M様の場合「肋骨が開いている」のがくびれを作りにくい状態になっている原因の1つでした。
「肋骨が開く」というのはあまり聞き慣れないかもしれませんが、実は肋骨が開くとお腹の中の圧が高まり、パンパンに膨らんだ風船のような状態になってしまいます。
この状態であるうちは、お腹の内から外に向かって押し出す力が常時入っているため、なかなかウエストのサイズダウンやくびれを作るということが難しくなります!
肋骨を締めてあげることで、空気の入った風船を上下に引っ張れば細長くなるような状態と同じで、ウエストが引き上がり、それだけでくびれができるような形態変化が起きます!
くびれを作るにはまず肋骨を締めることから!
ということで今回のエクササイズ紹介です!
①仰向けに寝て、手のひらを天井に向けるようにして手を伸ばし、手を重ねる
(動画では軽めのダンベルを持っています)
②あごを引き、手のひらを天井に近づける気持ちで頭~肩を床から離す
肩が床に触れたらそこから持ち上げる、という意識があるといいです。
ポイントは、普通の腹筋運動とは違い、「上体を丸める」のではなく「天井に近づける」ということです。
あまり大きく動くエクササイズではありませんが、そうすることで、ウエストを引き上げてくれる「みぞおちの腹筋部分」がピンポイントで頑張ってくれます!
10回ほど行うだけで、動画の最後にあるように肋骨の角度がビフォーアフターではっきり違ってきますよ!
ぜひお試しください!
また、今回はお客様より「くびれや骨盤のゆがみに関しての内容を載せてほしい!」というご要望があり、今回の内容をご紹介しております。
Facebookの投稿をご覧の皆様も、もしそういったご要望がございましたらお気軽にメッセージ、コメントをお待ちしております!
→facebook